スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
マスゴミ
以前にも「マスゴミ」については書きましたが、今回の『あるある大辞典Ⅱ』については、久しぶりに、いろいろと見聞きすればするほど腹が立ちます。

今も関西テレビのホームページを見てみましたが、トップページの左側に小さいバナーとそこからの「お詫びページ」がリンクされているだけで、今回の「虚偽報道」に関する誠実な反省姿勢はまったく見られません。

「どうせ、仕入れ先の不祥事」ということでしょうか? フジテレビのホームページでは何も触れられていません。

不二家の事件に関しては連日、マスゴミ各社から「○○工場でも賞味期限が切れた△△を使用」といった新たな事実が出てきますが、「『あるある大辞典』の番組で、以前に放映されたものにもデータ捏造がありました」といった「新たな事実」は出てきません。もちろん、他の番組や関西テレビ以外のテレビ局からも出てきていません。

また、不二家の商品はスーパーやコンビニなど小売り各社の店舗から撤去されていますが、テレビ局においてはデータの捏造があってもおかしくないような他の番組もなんら「検証・放映停止」などの処置もとられていません。

今回、マスゴミ各社は「正義」の名の下に、不二家の事件を追及しているのでしょうが、自社や同業他社への「追求」はないようです。

参考
http://www.mynewsjapan.com/kobetsu.jsp?sn=563

とにかく、何事も情報を「鵜呑み」にせず、自分で確かめたり、調べたりすることが現代の「情報過多社会」では必要だと思います。
スポンサーサイト
【2007/01/22 23:30】 | 文化・政治・日本人 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<アメリカの新聞 | ホーム | クリスマスプレゼント!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://hyakutake.blog50.fc2.com/tb.php/90-bb7318ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。