スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ビンタ!
今日は3ヶ月ぶりぐらいに3歳半の長女をひっぱたいてしまいました。(T_T)

テレビを見ていた長女が、長男(6ヶ月)が泣いていたのに腹を立てて、
長男の顔を手で掴んだりしていたようで、妻が叱っているところでした。

言葉だけなら良いのですが、「手を出した」ということで、私も叱ったたのですが、
それに反抗して、私を叩いてきました。

その後、私の後ろに回って、私の太ももをガブリ!(>_<)

「カッ」となった部分が大部分だったような気はしますが、「噛むのはよくない」
「体で覚えるしかない」ということで、冒頭のように頬をひっぱたきました。

長女はびっくりしたこともあり、嗚咽しながら大泣き。でも、すぐに私に寄り
ついてきて、また、大泣き!

大泣きしながら寄りついてきたのは、自分が悪いことをしたから怒られたという
ことがわかっているからだとは思うのですが、やはり、かわいそうなことをしたと
ちょっと後悔もしました。

しかし、以前、教育実習で行った幼稚園の園長先生が言っていたように、
幼児には「叩く」ことも必要だと思います。

当たり前ですが、3歳・4歳の子供には感情をコントロールできない時も
ありますので、その際には「体で覚える」ことも必要だと思います。
スポンサーサイト
【2006/12/11 23:47】 | 教育 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<英語のHP ニュース2 | ホーム | 英語のHP 美術館・博物館>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://hyakutake.blog50.fc2.com/tb.php/45-9630e15c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。