スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
気分が悪い・・・
夕食を食べながら福田首相の辞任会見をライブで見ていましたが、本当に気分が悪くなり、チャンネルを変えたくなりました。

怒られた子どもがしょうもない言い訳をダラダラと話しているようにしか見えませんでした。

最後の質問への応答は以下のようで、言葉を荒げて答えていましたが、「器の小ささ」が丸わかりでした。

Q:総理の会見は国民にとって他人事であるという感想が多かったです。今もそうです。国民全体に与える影響についてどう考えていますか?

A:順調にいけばいいですよ、それにこしたことはない。しかし私の先を見通す目の中には順調ではない可能性がある。また、その状況の中で不測の事態に陥ってはいけない。他人事のようにとあなたはおっしゃいましたが、私は自分自身は客観的に見られるんです、あなたとは違うんです。

昨年、福田さんが就任したときに書きましたが、結局のところ、福田さんは首相になる準備も心構えもなく就任してしまったということなのでしょう。

ニューヨークタイムズやロイターではホームページで福田首相辞任を伝えていますが、アメリカのTVニュースでは何も報道されていないそうです。(まあ、福田首相辞任のアメリカへの影響は皆無でしょうから・・・)

以下はNEW YORK TIMESの記事です。

TOKYO — Prime Minister Yasuo Fukuda of Japan abruptly announced his resignation on Monday, ending a short-lived and unpopular government marred by political paralysis.

Fukuda’s sudden departure, announced at a hastily called news conference on Monday night, seemed to catch his country by surprise. It also appeared to plunge the world’s second-largest economy into further political confusion, coming after the equally sudden resignation last year of Mr. Fukuda’s predecessor, Shinzo Abe.
スポンサーサイト
【2008/09/01 23:12】 | 文化・政治・日本人 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<トヨタの酷いCM | ホーム | 『最後の講義』>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://hyakutake.blog50.fc2.com/tb.php/358-f57cee88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。