スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ガストの戦略に
ピザ・トースト


昨日はめずらしく早起きして(と言っても8時ぐらいですが・・・)、家族全員で「武雄温泉楼門朝市」に出かけました。

でも、昨日の日曜日は武雄温泉新駅のイベント2日目ということで、予想通りいつもの楼門前には誰もいませんでした。

そこで、妻と「せっかくなのでコーヒーでも飲んで帰ろうか? マックかガストはどう?」ということになり、結局、「ドリンクバー」のあるガストすかいらーくグループ)へ行くことにしました。

数ヶ月ぶりにファミレスに行きましたが、「過酷な価格戦争の現実」を垣間見てちょっとビックリだったのです。

まず、グランドメニューを見ると・・・
1.「プレミアムカフェ 日替わりスープ・ドリンクバー」はこれだけでたのむと330円
2.「プレミアムカフェ・・・」はお料理と一緒だと190円

次に、モーニングメニューを見ると・・・
3.上の写真の「ビザトーストセット」が「プレミアムカフェ・・・」付で税込み409円
4.下の写真の「モーニングセットB ライ麦パン」が「プレミアムカフェ・・・」付税込み504円

モーニング


ライ麦パン


ドリンクバー



結局、3と4をいただいたのですが、子供達もジュースやココアを飲んだりして、のんびりと1時間半ほど過ごしました。(3才以下はドリンクバーが無料)

また、お店には数人のお客さんしかいませんでしたので(田舎ならでは?)、多少子供達がフラフラ歩いても大丈夫だったのも良かった点です。

しかし、一般的に外食産業では原価率(販売価格に対する原材料費)は20%前後でないと利益がでないと言われてますので、税抜き価格480円の「モーニングセットB」の場合は原価が「約100円」になります。

残りの380円で原価(材料費)以外にかかる以下ような費用をカバーしつつ、利益を出すことになります。
1.ウェイトレスさんの人件費
2.調理する人の人件費
3.食器の片付け・洗浄をする人の人件費
3.店長さんの人件費
4.冷暖房費
5.電気代
6.家賃(借地代金)

たぶん、5~6年前であれば、700円~800円ぐらいで販売されていた内容のメニューだと思いますし、従来の喫茶店であれば、今でもこのぐらいの金額ではないでしょうか?

大量仕入れやセントラルキッチン(下処理加工工場)による店舗での調理手順の削減などなど、1円・5銭単位の仕入れ価格交渉、従業員の効率化、季節ごとの新メニューの作成など様々な工夫がされていて、とても感心させられました。

もし、次に同じようなパターンで朝食を食べることがあった場合、マクドナルドには行かず、間違いなくガストに行くと思いますが、これが「顧客の争奪」だと実感したのでした。(^_^;)

最低気温-5度  最高気温9度
(今日が今年の寒さの底だと思います)
スポンサーサイト
【2008/02/18 22:58】 | ビジネス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<樹齢130年以上 | ホーム | ポテトチップチョコとすきやき>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://hyakutake.blog50.fc2.com/tb.php/342-8073b26f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。