スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
個性学セミナー
私の叔父は「水川健康センター」を鹿島市で運営し、“トータルバランス健康法”というのを推奨しています。 その叔父による「個性学セミナー」が「鹿島市生涯学習センターエイブル」あったので、出かけてきました。

以前から個性学の端々については話を聞いていたのですが、系統的に聞くのは初めてだったので、なかなか興味深いモノがありました。

個性学というのは、人間の先天的な気質が、誕生日を基点としてある程度決められており、大きく分けると

 人志向-人柄、品質、本質、信頼関係などを重視。みんなで仲良くしたい。

 城志向-コストパフォーマンス、実質、中身、自分の満足を重視。
       自分のペースを邪魔されたくない。

 大物志向-ステータス、ブランド、スケール、資格、権威を重視。
         いつも元気で輝いていたい。

という3種類に分けられるというものです。(この3種類から12種類、144種類、720種類・・・と細分化されていきます)

最初は半信半疑のところもあったのですが、セミナーに参加した20名を誕生日にしたがって、上記の3種類に分けてみると、確かに傾向がはっきり出ていました。

例えば、車を買うときを場面を例にとると・・・

 質問:トヨタの車を買いたいと自分自身は思っているが、無二の親友が日産に勤めている。

 人志向の答え→迷わず、親友のいる日産から買う。
 城志向の答え→迷わず、自分が欲しいトヨタの車をコストパフォーマンスで選んで買う。
 大物志向の答え→トヨタで買うが、小さな販売店ではなく、本店で買う。

ちなみに、私は「城志向」で妻は「大物志向」なのですが、まさに、このパターンにはまりますし、従姉妹夫婦もピッタリはまります。

まだまだ、人間には見えていない力、人間が知らない力があるようです。
スポンサーサイト
【2008/01/20 23:40】 | 文化・政治・日本人 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<店長へ営業成績は不問 | ホーム | 中国2億人のネットユーザー>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://hyakutake.blog50.fc2.com/tb.php/337-24b46210
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。