スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
小沢一郎の芝居
民主党の党首小沢一郎の続投が決まったようですが、どーも最初から続投が既定路線の“芝居”を打ったとしか思えません。

福田首相誕生、福田内閣発足以来、民主党の陰が非常に薄くなり、メディアへの露出も少なくなっていました。また、党内には先日の参院選での勝利によって、「気のゆるみ」があったようにも小沢代表のコメントから聞き取れます。

今回の
辞意表明→民主党一丸(?)となっての留意→辞意撤回
によって、
1.とりあえず、民主党は再度注目され、
2.「小沢一郎あっての民主党」党員、有権者が再認識し
3.「小沢一郎の下、一丸となって戦わないと、次の衆議院選挙には絶対勝てない」
と民主党内外にアピールすることになりました。

衆議院選挙を前にして、民主党の全国の基盤を一致団結させ」、気の緩みを引き締めるためには、とても効果のあった「芝居」だったのではないでしょうか?
スポンサーサイト
【2007/11/06 23:34】 | 文化・政治・日本人 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<三十三回忌 | ホーム | 無償“携帯基本ソフト”>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://hyakutake.blog50.fc2.com/tb.php/302-3d5c42ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。