スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ソフトバンク
日経ビジネス9月3日号に以下の特集がありました。

ソフトバンク 反骨の研究
もう大人は目指さない

8月も携帯電話契約純増数でトップに立ち、5月から4ヶ月連続でトップを守り続けているソフトバンクですが、上記の特集の中で孫社長の以下のようなコメントがありました。

「お客様のためにという思いがあって事業を進めていれば、最初は制度に合わなくても、次第に制度の方が改善されて社会のニーズに応えられるようになっていく。逆に制度の隙間をついて浅ましく儲けようとすれば、制度の方が抜け穴を潰しにかかり、やがては社会的に罰せられる」

そして、孫社長は「人的賄賂である天下りは100年間、受け入れない」との宣言もしているそうです。

元マイクロソフトジャパン社長である古川享さんのブログに、孫さんについて書かれた『孫氏の兵法』という本について以下のようなコメントがあります。

--------------------------------
「孫氏の兵法」とは、思わず笑ってしまう表現ですが...こちらが本家でしょ、って今の若い人は「刷り込まれて」しまうかもしれませんね...私は、孫さん本人の言葉としていくつかの言葉をナマの孫さんの口から聞いたことがあるので....そうそう、確かにこう言ってましたぁ、と本を読みながら懐かしくなってしまいました。そうそう、孫さんの言葉でさらに思い出深いのは、「古川さん、人間が勉強して覚えなければいけない知識なんてそのうち小さなICカードに全部入ってしまって、人間が勉強にいちいち時間など使わなくても、寝ている間にICを貼るだけで脳に吸い込まれていくようになりますよ、絶対!!!」と孫さん真面目な顔をして話していました。最後のオチは、「それでね、そのICカードを”チップ・エレキバン”という名前で商標登録しておこうと思うのです。」こりゃ、座布団一枚って感じでしたね...
--------------------------------

この孫さんの話を地でいくのが映画『トータル・リコール』や『マトリックス』ですが、人間もコンピュータと同じく「陽子や中性子から出来ている」と考えてみれば、まんざら不可能は話ではないと思います。まあ、時間はかかると思いますが・・・。

本当に思考の“次元”が違う、まさに“異次元の発想”としか形容できない孫さんの発想なのですが、このような人が今の日本の政治には必要ではないかと最近、よく思います。

最低気温17度  最高気温30度
スポンサーサイト
【2007/09/10 22:08】 | ビジネス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<haveの使い方 1 | ホーム | イノベーションのジレンマ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://hyakutake.blog50.fc2.com/tb.php/270-1518cdb8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。