スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
なるほど英語帳
昨日の日経新聞、『なるほど英語帳』のタイトルは heat でした。

日本語でも「ヒートアップする」「デッドヒート」などと使われますが、英語本来の意味では一部違うところもあります。

record heat wave 記録的猛暑

heat wave 熱波

The heat is on. 追跡中、試練の場 
映画『ビバリーヒルズ・コップ』のテーマ曲にもなっています。

Their first heat is at noon. 彼らの初戦は正午。

final heat 決勝戦

「dead heat」は、dead(死んだ)+heat(試合)で「(二者以上が同点か同着で)引き分けで勝負がつかない」という意味で、日本語の接戦を意味する和製英語「デッドヒート」とは、意味が違います。


日本語の「デッドヒート」や「接戦」を英語で表すと以下のような言葉があります。

cliff-hanger 崖にぶら下がっている、崖っぷち状態、接戦

close game, close battle, close race

tight match, tight game

head-to-head fight, neck-and neck race,
スポンサーサイト

テーマ:外国語学習 - ジャンル:学校・教育

【2007/09/02 00:28】 | 英語ネタ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<空中衝突 | ホーム | 映画100本>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://hyakutake.blog50.fc2.com/tb.php/265-c8d41a21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。