スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ミュンヘン
ミュンヘン

以前にカナダ人の友人が「とってもよくできた映画」と言っていった『ミュンヘン』を観ました。

1972年のミュンヘンオリンピックで、イスラエルのオリンピック選手、11名が暗殺された事件を題材にした映画です。

11名の選手を暗殺されたイスラエルが国家として「報復」を決定し、それを実行に移す過程を映画の中で見せることで、殺す側、殺される側それぞれの立場と考えを提示して、観る者に考える機会を与えてくれています。

監督のスピルバーグはユダヤ教徒で、以前に『シンドラーのリスト』などユダヤ人やイスラエルに関する映画を作成しています。

映画を観てかなり意外だったのが、イスラエルの諜報機関「モサド」の暗殺者が
『ゴルゴ13』や『M:i:Ⅲ』のような“スーパーマン”として描かれていなかったことです。

あんなに普通の“暗殺者”だと、すぐに捕まってしまいそうな気がするのですが・・・。
スポンサーサイト
【2007/05/09 22:58】 | 映画のホームページ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ソフトバンク | ホーム | すべての会議は1時間>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://hyakutake.blog50.fc2.com/tb.php/200-62613e9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。