スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
アメリカの現実
保険未加入者

ここ数年、「日本ではアメリカの良いところだけが、メディアを通して、“都合良く”伝えられている」と感じることがよくあります。

例えば、アメリカでは国勢調査局グラフにもありますように、2005年の時点で、
国民のうち4,700万人が医療保険に未加入(!)となっています。
(ちなみにアメリカの人口は3億人)

日本のように公的な保険制度(国民健康保険・組合保険など)が整備されている状況からみるとちょっと信じられないかもしれません。

当然ですが、医療保険に入っていないと、お医者さんに診てもらった場合に、高額な医療費を支払わないといけなくなります。

そのために、お医者さんに診てもらうことが出来ない人も多く、病院などでは患者さんが来ると、医療保険に加入しているかどうかを確認して、加入していない場合は“門前払い”になるケースもよくあります。
スポンサーサイト
【2007/03/21 21:42】 | 国際社会/国際情勢 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<超大型旅客機 | ホーム | >>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://hyakutake.blog50.fc2.com/tb.php/149-b2e6dad6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。