スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
淡谷のり子のプロフェッショナリズム
日本経済新聞の月曜版に『奇縁まんだら』という瀬戸内寂聴さんのコラム(?)があります。

ほとんど読んでいなかったのですが、91回目の9月28日はブルースの女王と言われた「淡谷のり子」さんについてのお話でした。

その中に淡谷さんの“プロフェッショナリズム”を垣間見ることのできる、淡谷さんの言葉がありました。

---------------以下引用-----------------
「大体、歌手の誇りがないのよ。 歌手は舞台に経てば自分を心から女王さまと思わなきゃ、気品が出ないの。 恋いの歌を歌う時は、自分が世界で一番美女だと信じて歌わなきゃだめなのよ」

「それなのにね、今売れている××なんか、舞台衣装のドレスの下に父ちゃんのトトパッチを穿いているのよ。 ホントよ。 あたし、楽屋でそれを穿いているの、この目で見たんだから」

××と呼び捨てにされたその頃とみに人気の出ていた、美人としても定評のある歌謡曲の歌手を、こてんぱんにこきおろす。

「歌手は舞台を降りてる実生活でも、自分を芸術家だという意識を一刻も忘れてはいけないのよ。芸術家として品位を保つためには、四六時ちゅう、上品な気構えと、床しい生活習慣を崩してはならないの。

それらのに××は、楽屋で父ちゃんとふたりで、家から持ってきた弁当を、背中をまるめてボソボソ食べるのよ。 弁当のお菜は何と、沢庵なの! 沢庵食べた臭い口で、恋の歌を歌うのよ。 そんなことを許せると思う?

あれで人気があるんだから、日本の聴衆の耳を疑うわね」

---------------引用終わり----------------

この文章を読んで頭に浮かんだのは、「首相の政治投げだし」「事故米」「農林水産省の対応」「農林水産大臣の辞任」「産地偽装」などなどでした。

「誇り」「品位」「気構え」を一刻も忘れないように自戒を込めて修行したいですね。
スポンサーサイト
【2008/09/30 12:18】 | ちょっと一休み | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
体感温度
ここ1週間ほどで急に気温が下がったため、室温が25度前後あっても、半袖・ショートパンツではかなり肌寒く感じます。

しかし、これが春だと「うわ~暑い」などと言うのでしょうから、人間の体はいい加減というか適応能力が高いというのか、単純に不思議です。
【2008/09/29 11:29】 | ちょっと一休み | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
惨状
先週土曜日に、パキスタンの首都イスラマバードで破壊的な自爆テロがありました。

イスラマバード市内のホテルで自爆テロ、40人死亡 -CNN

地面に開いた“クレーター“の大きさを見ると、とてつもない量の爆薬だったことがわかりますね。


【2008/09/22 15:24】 | 英語のホームページ | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
パソコンの終焉
こんにちは。

今日の日経新聞11面に「iPhone息切れ」という記事が出ていました。

確かにiPhoneの売れ行きは、孫社長の予想ほどではないのかもしれませんが、
iPhoneのような「携帯インターネット端末」が普通になり、パソコンとのデータ共有が
「クラウド・コンピューティング Cloud Computing」で簡単にできるようになるのでしょう。

携帯、スマートフォン、PCが分け隔てなく使える世界とは?-F's Garage

クラウドへの流れ-グーグルも他のひとたちも、ちゃんとやってると思うよ-Tech Mom from Silicon Valley
【2008/09/11 23:09】 | インターネット・PC | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
トヨタの酷いCM
こんにちは。

トヨタのCMに「エコ替え」というとんでもなく非常識なCMがあります。

 このCMをテレビで最初に見たときの感想は以下のようでした。

1. “日本一の企業”と言われているトヨタも所詮、自社の利益しか考えていない。 
2. まあ、企業である以上理解はできる。
3. しかし、「まだ使えるけど新しいのに替えよう」というのは酷すぎ

ネットで検索してみると、同じように感じている人はたくさんいるようで、
以下の投稿は「座布団一枚!」という感じです。



しかし、優秀な人材が集まっていると言われているトヨタが、なぜ、
このような非常識かつ偽善的なCMを垂れ流しているのかは疑問です。

【2008/09/04 14:58】 | 文化・政治・日本人 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
気分が悪い・・・
夕食を食べながら福田首相の辞任会見をライブで見ていましたが、本当に気分が悪くなり、チャンネルを変えたくなりました。

怒られた子どもがしょうもない言い訳をダラダラと話しているようにしか見えませんでした。

最後の質問への応答は以下のようで、言葉を荒げて答えていましたが、「器の小ささ」が丸わかりでした。

Q:総理の会見は国民にとって他人事であるという感想が多かったです。今もそうです。国民全体に与える影響についてどう考えていますか?

A:順調にいけばいいですよ、それにこしたことはない。しかし私の先を見通す目の中には順調ではない可能性がある。また、その状況の中で不測の事態に陥ってはいけない。他人事のようにとあなたはおっしゃいましたが、私は自分自身は客観的に見られるんです、あなたとは違うんです。

昨年、福田さんが就任したときに書きましたが、結局のところ、福田さんは首相になる準備も心構えもなく就任してしまったということなのでしょう。

ニューヨークタイムズやロイターではホームページで福田首相辞任を伝えていますが、アメリカのTVニュースでは何も報道されていないそうです。(まあ、福田首相辞任のアメリカへの影響は皆無でしょうから・・・)

以下はNEW YORK TIMESの記事です。

TOKYO — Prime Minister Yasuo Fukuda of Japan abruptly announced his resignation on Monday, ending a short-lived and unpopular government marred by political paralysis.

Fukuda’s sudden departure, announced at a hastily called news conference on Monday night, seemed to catch his country by surprise. It also appeared to plunge the world’s second-largest economy into further political confusion, coming after the equally sudden resignation last year of Mr. Fukuda’s predecessor, Shinzo Abe.
【2008/09/01 23:12】 | 文化・政治・日本人 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。