スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
『最後の講義』
こんにちは。

私自身は先月初旬に初めて、abc NEWS Video を見ていて知ったのですが、アメリカ・カーネギメロン大学教授であったランディ・パウシュの『The Last Lecture 最後の講義』です。



この『最後の講義』は2007年9月18日にアメリカ・カーネギーメロン大学で行われたのですが、この時すでにランディさんは末期ガンと診断され、余命3~6ヶ月と告知されていたのです。

しかし、講義を観ていただくと分かるのですが、「余命数ヶ月」とは微塵も感じさせない、ユーモアいっぱい爆笑連発の“超前向き”な講義内容で、全米でも大きな話題となり、日本でも書籍が販売されています。

しかし、残念で悲しいことに、ランディさんは奥様と3人の小さな息子さんを残して、2週間ほど前の7月25日に亡くなりました

講義は「子どものころの夢をどう実現するか」というテーマなのですが、「自分の夢を実現するよりも、他の人が夢を実現させるのを手伝うのはもっと楽しい」というのがとても印象的でした。

YouTubeには約1時間30分の講義を9本に分けて、日本語字幕付で掲載されています。

英語も比較的聞き取りやすいので、生徒さんにもオススメしているのですが、「目標に向かっている人・頑張ろうとしている人・これから受験する人」、逆に、「ちょっと元気がない人・落ち込んでいる人」、だれが見ても元気を与えてくれる最後の講義』です。

関連記事 末期ガンのランディー・パウシュ教授、最後の講義「心から伝えたいこと」-メディアサボール
スポンサーサイト
【2008/08/16 15:46】 | 英語のホームページ | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。