スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
英語力よりもっと大事なこと
論理的思考

あまり大前研一さんを好きではないのですが(^_^;)、今回は「英語力よりもっと大事なことがある。それは、議論を論理的に展開する能力だ。」という旨のことをおっしゃっていて、生徒の皆さんにも知っていただきたいと思い、ピックアップしてみました。

詳細は映像を見ていただきたいのですが、確かに、日本人は「論理的に議論を組み立てる訓練」を過程でも学校でも受けていないように思います。

欧米人は小さいときから家庭でも学校でも論理的に話をする訓練を受けますので、なかなか日本人は太刀打ちできないわけなのです。
スポンサーサイト
【2007/11/28 23:06】 | 英語ネタ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
結婚記念日
Sunset071123

今日は朝起きると、雲一つない真っ青な空。

「結婚記念日にちょっとうれしい出来事だな~」などと思っていると、この雲一つない青空が、夕暮れまで続きました。

特別な日に「ずーっと青ばかりの空」という偶然が重なり、ちょっと、ウキウキした気持ちになりました。

そして、とても澄んで綺麗な夕日でした。
【2007/11/23 23:12】 | いなか日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
七面鳥の切り方
感謝祭

ターキー

七面鳥

明日木曜日はアメリカでは「感謝祭 Thanksgiving Day」ということで、いつものニューヨークタイムズに「七面鳥の切り分け方」を実践しているビデオ記事がありました。

で、驚いたのがこの“ターキー(七面鳥)”の大きさです。切り分けている人の手の大きさと比べていただくとわかるのですが、かなり大きいです。日本の鶏の4~5倍はありそうな大きさです。(^_^;)

確かに、思い出してみると、アメリカのスーパーではとんでもなく大きなターキーが売られていました。

最低気温 1度  最高気温 13度
【2007/11/21 23:06】 | 英語のホームページ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
大学生とパソコン
授業でのパソコン

写真はアメリカ・ミズーリ大学のジャーナリズム専攻におけるある日の授業風景だそうです。

専攻(日本で言うところの学部・学科に相当)や大学にもよるのでしょうが、この写真ほどではないにしても、アメリカの大学では似たり寄ったりではないでしょうか?

アメリカでは最近、小学生でも宿題をメールで提出したりしているそうですので、大学は推して知るべしですね。

もし、20年以上前、自分自身が大学生だったころ、ワイヤレスLANで繋がったノートパソコンを目の前にして大学の授業を受けたら、どうなっていたでしょうか?

あのままの「退屈で新しい情報のない授業」だったら、授業はそっちのけで、ネットで情報を探しまくっていたでしょうね。

最近の大学の先生方は興味深い授業をしているのでしょうか?

以前に日本の大学生が「携帯メール」で宿題を提出するというのを取り上げましたが、どちらが進んでいるのでしょうか?
工学部パソコン

【2007/11/19 16:33】 | 教育 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
クリスマスツリー
クリスマスツリー

仏教に関連する話の後に、キリスト教の話題というのは個人的にちょっと違和感があるのですが(^_^;)、ある意味これが日本人の優れた点の一つだと思います。

先日、ネットで注文していたクリスマスツリーが届き、早速、飾り付けをしてみました。

やはり、生の木にはかないませんが、まあまあの感じになりました。
【2007/11/15 12:29】 | いなか日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
三十三回忌
紅葉

昨日は、祖父の三十三回忌の法要でした。
土曜日には神奈川・埼玉から叔母、叔父夫婦も到着し、法要ながらにぎやかな週末となりました。

妻の祖父なので、私自身は会ったことがないのですが、元高等学校校長ながら“学者肌”の祖父だったそうです。

今でもたくさんの本がいくつもの書棚に残っていて、その面影を垣間見ることが出来ます。

最低気温6度  最高気温16度
【2007/11/12 11:21】 | いなか日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
小沢一郎の芝居
民主党の党首小沢一郎の続投が決まったようですが、どーも最初から続投が既定路線の“芝居”を打ったとしか思えません。

福田首相誕生、福田内閣発足以来、民主党の陰が非常に薄くなり、メディアへの露出も少なくなっていました。また、党内には先日の参院選での勝利によって、「気のゆるみ」があったようにも小沢代表のコメントから聞き取れます。

今回の
辞意表明→民主党一丸(?)となっての留意→辞意撤回
によって、
1.とりあえず、民主党は再度注目され、
2.「小沢一郎あっての民主党」党員、有権者が再認識し
3.「小沢一郎の下、一丸となって戦わないと、次の衆議院選挙には絶対勝てない」
と民主党内外にアピールすることになりました。

衆議院選挙を前にして、民主党の全国の基盤を一致団結させ」、気の緩みを引き締めるためには、とても効果のあった「芝居」だったのではないでしょうか?
【2007/11/06 23:34】 | 文化・政治・日本人 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
無償“携帯基本ソフト”
日経新聞の1面にも出ていましたが、Googleが中心となって携帯電話用の基本ソフトをリナックスベースで、世界の33社協力して開発するとのこと。

Google、携帯向けオープンプラットフォーム「Android」発表―33社が参加 - ITmedia News

ベールを脱いだグーグルの携帯電話プラットフォーム「Android」:モバイルチャンネル - CNET Japan

Googleら34社が携帯プラットフォーム提案、ドコモ・KDDIも参加 - Impress Watch

このニュースを見て「え~、今後の個人情報はすべてGoogleにもっていかれちゃうの?」「日本企業も計画に参加するとのことだけど、何をのんきに考えているの?自分たちでやらないの?」などと久々に大きな衝撃と危機感を感じました。

というのは携帯電話は、今日、個人情報の最たるモノでパソコン以上に普及していて、いずれ、IT情報機器のメインとなり、パソコンがサブになるからです。
1.名前・生年月日・性別などがわかる。
2.GPS機能によって「何月何日何時何分」にどこにいたかすべての行動がわかる。
3.「おサイフケータイ」や「クレジット機能」で購入履歴もすべてわかる。
4.「Suica」機能で利用交通機関もわかる。
5.ホームページの閲覧など履歴もわかり、使用者の趣向がわかる。
6.いずれ、携帯でメールを見たり、スケジュールを管理したりして、パソコンが「サブ機」になる。

上記のような情報をデータベース化して、縦横無尽に組み合わせられるようにすると、とんでもないデータベース・マーケティングツールが出来上がります。

マイクロソフトは先手を打って、Windows Mobile などを搭載した「スマートフォン」などを作っていますが、このままですと「Gphone(グーグルの携帯電話)」に情報端末市場・宣伝市場を駆逐されるのは目に見えています。

ビル・ゲイツがどのように考えているかも興味があります。
【2007/11/05 23:18】 | 英語のホームページ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
おとぎの国のパン
生徒のTさんから「ご家族揃ってどうぞ」とご招待をいただいた、白石町文化祭で行われている「パンの展示会」に、午後から行ってきました。

会場に一歩足を踏み入れると、そこはおとぎ話の「お菓子の家」ならぬ「パンの国」といった感じで、心がウキウキする空間が広がっていました。

4才の娘そっちのけで、自分自身がいろいろなパンに見入ってしまいました。(^_^;)

キャロットパン

パン

お魚パン

ハートパン

サンタさん

花かごパン

キャラクターパン

パン・ウィエノワ


これらのパンは一部の作品を除いて、ほとんどが「趣味でパン作り」をされている方々の作品なのですが、とても「趣味レベル」には見えません。

夜のレッスン修了後、Tさんから「今日、展示できなかった“失敗作”なんですが・・・」と言われてパンをいただきました。でも、あまりのおいしさに、日付が変わる前にほとんど食べてしまいました。(^_^;) 

「食欲の秋」まっただ中です。
【2007/11/03 23:13】 | おいしい食べ物 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
落合監督のマネージメント
落合監督

中日ドラゴンズが53年ぶりの日本一に輝きました。

落合監督のマネージメント能力には、監督就任初年度にリーグ優勝してから何となく注目していました。

*就任の際、「補強なんかしなくても、現状の戦力で十分優勝できる」と言った。
*実際に初年度からリーグ優勝した。
*試合中、いつも「ただ座っている」だけに見える。
*試合中、まず、表情を変えず、喜怒哀楽も見せない。
*にもかかわらず、結果を出している。
--初年度 優勝
--2年目 2位
--3年目 優勝
--4年目 2位 日本一

これを管理職の方はぜひ、自分自身に当てはめてみていただきたいのですが、このようなマネージメントができるでしょうか?

*部下の能力を見極める。
*部下を信頼し、自由に仕事をさせる。
*常に冷静に対処する。
*そして、よい結果を出す。

今朝も新聞やTVで昨日の山井選手の交代について、賛否両論がでていましたが、状況や選手のデータを見れば、交代は当然だと思います。

1. 点差は1点。ホームランがでれば、同点もしくは逆転負けの可能性大。
2. 53年ぶりの優勝がかかっている。
3. 地元優勝の最初で最後のチャンス。
3. 山井と岩瀬の過去のデータを比較すると、山井の投球は「まぐれ」にちかい。
-山井のデータ
-岩瀬のデータ
4. 防御率、経験、ホームランを打たれない確率などすべて、岩瀬が上。
5. 8回の時点で、山井がマメを作ったことが分かった。

落合監督もTVインタビューの中で、「マメを作ったと聞いたのですぐに決断した。」と言っていましたので、確かに山井がマメを作らなければ、落合監督の采配も「山井続投」だったかもしれません。

ただ、「マメを作った」こと自体に山井の経験不足が露呈していますし、「日本一になる」という「仕事の成果」を出すためには当然の決断であり、ビジネスの世界でも日常茶飯事だと思います。
【2007/11/02 11:23】 | ビジネス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。