スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
こどもクラブ
天神さん

公園

お弁当

地区の「こどもクラブ」のイベントに参加しました。

近所の天神さんに集合して、区長さんの挨拶やスケジュールの確認。

その後、“自動車教習所から借りてきた”バス2台に分乗して、近くの公園へ。

立派な公園でちょっとビックリしましたが、東京では考えられません。
もうすぐ4歳になる長女は小学生や中学生のお姉さん・お兄さんに遊んでもらって大喜び。前日、38.6度の熱が出たことや吐いたことがウソのように元気に走り回っていました。

お昼は奥さんの手作り弁当。ご近所のほとんどが「コンビニ弁当」の中、「えらいな~」と感心しました。(^_^)
スポンサーサイト
【2007/04/30 22:56】 | いなか日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ゴールデン・ウィーク
渋滞情報

昨年までのゴールデン・ウィークは1~2ヶ月前から指折り数えて待っていましたが、今年はうってかわってゴールデン・ウィークという実感が全くありません。

渋滞情報を調べることもなく、家でのんびりです。

まあ、昨年の9月から毎週毎週ゴールデン・ウィークですので、当たり前と言えば当たり前のなのですが(^_^;)、それでもちょっと不思議な気分です。

東京にいたころはゴールデン・ウィークやお盆休みなど長期休暇には「都会の喧噪から離れて、のんびりしよう」などと毎回考えていましたが、今は「喧噪」とは無縁の生活です。

そう考えると、「東京の生活ってなんだったんだろうか???」などと思わずにはいられません。

週休1日で、朝10時過ぎに家を出て、帰宅はいつも午前1時前後。毎日毎日、電車に乗って「奴隷」のように働き、長期休暇には、わざわざ都心を離れて田舎に行ってのんびり。

やっぱり、「どこかおかしい」生活だったように思います。
【2007/04/29 18:09】 | いなか日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
福岡ナウ
fukuoka_now

残念ながら佐賀の情報ではないのですが、福岡の様々な情報が英語と日本語で紹介されている『Fukuoka Now』というフリーペーパー(無料雑誌)だそうです。
【2007/04/28 18:14】 | 英語のホームページ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
固定概念
今日の日経新聞「私の履歴書」は以下のように始まっていました。

----------------------------------------------------
消費者と直接接する流通業では、日々のミクロの出来事の奥に本質的な変化を探り、マクロの潮流をとらえていく。それが世の一般論とは見方が異なるkともたびたびある。特に痛感したのは財界活動を始めてからだ。

中略

通常各社が置く政策スタッフはマクロの分析から入る。その分析とは既存の研究結果をなぞる作業が多い。誰かオピニオンリーダーが「ファンダメンタルズは強い」と言うとそれが広まり、固定概念になっていく。

ファンダメンタルズとは何か。どこが強いのか。問題提起をし、ここの指標を客観的に洗い流してみると、私には違う姿が見えてくる。
----------------------------------------------------

「固定概念をぶち壊す」、「常識を引っ繰り返す」、とっても楽しい作業です。
【2007/04/27 22:31】 | ビジネス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
みんなが反対
セブン・イレブン

4月1日から日経新聞の「私の履歴書」で、セブン&アイ・ホールディング会長・鈴木敏文さんの連載が始まっています。

昨日の連載の最後は以下のようでした。

---------------------------
強いニーズがある以上、きっと成り立つ。それは一つの信念だった。みんながいいと言うことは単純競争に陥り大抵失敗し、みんなに反対されることはなぜか成功する。
常に顧客の立場で考え、判断してきた。だから決定的な失敗をせずにここまでこれたのだろう。
---------------------------

今回の連載の中に、セブン・イレブンがコンビニ業界の「巨人」と言われる理由が随所に出ていると思いますが、時には「非常識」に見えることを顧客の立場に立って実践するのは並大抵の努力ではないことも分かります。
【2007/04/26 17:26】 | ビジネス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
『ダ・ヴィンチ コード』
ダ・ヴィンチ コード

この間の年末年始に観たいと言っていたダ・ヴィンチ コード』をレンタルDVDで観ました。

感想としては、「キリスト教のバックグラウンドがない普通の日本人には半分も楽しめていないんだろうな~」という感じでした。

まず、キリスト教を根底から覆す「キリストは人間だった」というタブーに、その事の大きさが分からないのではないかと・・・。

前にも書きましたが、友達のカナダ人に言わせると、「歴史的には間違いだらけ。フィクションとして観るのならOK。」とのことで、確かに史実とはだいぶ違います。
【2007/04/25 23:00】 | 映画のホームページ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
英語と米語(?)
フェルドマン

昨日の日経新聞のコラム「私の苦笑い」は、モルガン・スタンレー証券、経済研究主席であるロバート・フェルドマンさんでした。

アメリカ人であるロバートさんが、イギリス人の同僚に文法の間違いを指摘されたことがあるとのことで、内容としては以下のようなことだそうです。

------------------------------------------------------
「彼は食事をしたと語った」という場合、引用符号を付けない間接話法だと、イギリス英語では「語った」は過去形だが、「食事をした」の部分は過去完了となる。
「過去完了にすべきところを過去形で書いている」と彼は私に指摘したのだ。厳密には同僚が言った通りだが、、この場合普通のアメリカ人なら「食事をした」の部分にも過去形を使うし、過去完了形はちょっと変な感じがするのだ。
------------------------------------------------------
英文にしてみると

イギリス英語 He said that he had eaten dinner.

アメリカ英語 He said that he ate dinner.

となります。

当たり前ですが英語も言葉ですので、時と共に変化していきます。
ロバートさんは以下のように言っています。

------------------------------------------------------
作家マーク・トウェインは「英語は株式会社のようなものだ」と述べたという。ならばもっとも多く英語を使う人たちが英語の大株主として経営権を握る。言葉は常に変化する。柔軟性を失ってはならない。

同時に、異なった文化に触れるなかで、発言に説得力を持たせるには、自分なりの外交術が欠かせない。二十年以上前の出来事を振り返りながら、そんなことを思ったりしている。
------------------------------------------------------
【2007/04/24 15:08】 | 英語ネタ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
上棟式
上棟

昨日までの雨が上がり、今日は天気もよく「上棟日より(^_^)」でした。

10時前に現場に行くとすでに、1階部分の柱はすべて建てられていてビックリ!
大工さん9名とクレーン運転士1名、総勢10名での作業ということで、現場監督に聞くと朝7:30から作業を始めていたそうです。

結局、午後3時のお茶の時間には屋根のシートまで終わり、後は片付けをしていただいた後、大工さんにお餅・お赤飯・一升瓶のお酒をお渡ししました。
【2007/04/23 22:42】 | いなか日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
菜の花
菜の花

東京から移り住んでから、季節の移り変わりを感じることがとても多くなりました。

田舎に住んでいるのですから、当たり前と言えば当たり前なのですが、ちょっと不思議な感じもしています。

明日の上棟式に備えて、今日は「紅白の餅」作りでした。
【2007/04/22 22:34】 | いなか日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
銃のある生活
アメリカと長崎で時を同じくして拳銃を使用した痛ましい事件が起こりました。

このような事件が起こると銃社会のアメリカでも必ず、銃所持の是々非々が話題になりますが、何も変わりません。

日本では全く想像できませんが、アメリカではかなり銃や拳銃が生活に溶け込んでいます。

どこにでもある一般的な銃ショップ銃ショップ

ショーケース
拳銃

アメリカ・ヤフーで弾丸が買える!?
yahoo弾丸

アメリカ・アマゾンでも薬莢が買える!
amazon薬莢

アメリカではアウトドア・スポーツの一つ
アウトドア弾丸

上の45口径弾丸は1発が日本円で約25円

アメリカ・バージニア州で起きた銃乱射事件の犯人が銃を購入したお店のホームページは今現在、ダウンしています。

ちなみに、バージニア州においては18歳以上であれば、2種類の身分証明書を見せ、犯罪歴などがなければ、iPodを買うように拳銃を買うことができます。
【2007/04/21 00:10】 | 英語のホームページ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
過激なサーフィン
サーフィン

ロイターの「Extreme surfing」という記事ですが、「超究極的なサーフィン」ですね。

見ている人たちも「Oh, my god. Oh, my god......」とあまりの波の大きさに、ただただ驚きの言葉を繰り返すだけです。
【2007/04/20 01:23】 | 英語のホームページ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
梅の実
梅の実

先日、梅の花が咲いたばかりだと思っていたら、いつのまにかこんなに立派な「実」がなっていました。

よくよく考えてみれば、庭の梅が咲いてからもう、2ヶ月以上がたっていました。

季節の移り変わりを感じられることも、また、楽しいです。
【2007/04/19 14:51】 | いなか日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
雷さん
画像をクリックすると大きな画像になります。(残念ながら、携帯電話の画像です・・・)

(雷さんが持つ)雲のおにぎり
雷


侍

帰化人
帰化人

老いた尊徳さん
尊徳

唐津市在住の陶芸家、濱崎節生さんの作品展に行ってきました。

長男の初節句に母が「兜をかぶった少年(?)」の制作をお願いしたのがきっかけで、今日の作品展訪問となりました。

今までの「陶芸」のイメージをひっくり返すようなユニークでユーモアにあふれる作品がならんでおり、とても“おもしろく興味深い”作品展でした。

でも、このようなユーモアいっぱいの作品は「伝統と格式を重んじる日本の芸術界ではなかなか受け入れられないだろうな~」などと思ったりもしました。
【2007/04/18 20:59】 | いなか日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
われらケータイ族
911T

今日の日経新聞一面のコラム「ネットと文明」に主従が逆転する「パソコン族」と「ケータイ族」の話が出ていました。

ちょっと驚いたのが、大学のレポートを“携帯メール”で提出する学生がいるとのこと。画面は小さいが、書く場所と時間を選ばないから便利というのが理由だそうですが、「なるほどね~」としか言葉が出ませんでした。

20年ほど前に、大学のレポートをワープロで書き、印刷して提出したことがあります。その後、その授業の教授は「感情が伝わらないので手書きで書くように」という趣旨のことを授業の際に言ったと記憶しているのですが、時代は変わったものです・・・。

さらにコラムには以下のように書かれていました。
-----------------------------------------------------
二つの族は同じネット文明の下で暮らしていても思考や行動様式が異なる。時にはあつれきも生じる。

国内最大の競売サイトのヤフーでは、パソコン族の出品者がケータイ族の入札者の礼儀のなさを憤る。落札直後に丁寧なお礼のメールを送っても、返事は「はい、わかりました」とそっけない。一方、ケータイ族はパソコン族に商品を問い合わせたのに「一時間たっても返事がこない」と怒る。通話の延長線上の携帯メールと、手紙の延長線上のパソコンメール。時間や表現に対する感覚の違いが摩擦を招く。
-----------------------------------------------------

パソコン族の私は「なるほどね~」と感心するばかりです。
【2007/04/17 19:58】 | インターネット・PC | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
金縛りとレム睡眠
昨日の日経新聞に「睡眠を知る」というコラムがありました。

日本大学医学部精神医学講座教授の内山真さんが以下のように書いていらっしゃいます。
----------------------------------------------------
レム睡眠が夢とかんけいあることはよく知られている。しかし、レム睡眠に伴う異常現象については、あまり知られていない。寝ぼけや金縛りなどは、いまだに心霊現象などと思われていることがある。

中略

夢を見ている最中に、脳からの運動指令を遮断する仕組みが働かないと、夢の中での行動が実際の行動として現れてしまう。

中略

反対に、寝入りばなで脳が目覚めているにもかかわらず、脳からの運動指令を遮断する仕組みが働いてしまうと、意識はしっかりしているのに体の自由がきかない金縛りを体験する。睡眠麻痺と呼ぶ。

中略

レム睡眠中に脳からの運動指令を遮断する機能からみると、寝ぼけと感縛りは正反対の現状と言える。
-----------------------------------------------------

「金縛り」の原因がわかり、ちょっとスッキリしました。
【2007/04/16 18:10】 | 文化・政治・日本人 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
鯉のぼり
鯉のぼり

長男の初節句ということで、鯉のぼりを私の実家で買ってもらいました。

木曜日の午後からポールを埋めるための穴を1mほど掘ったり、計算ミス(^_^;)でやり直したりして、ちょっと設置に時間がかかりましたが、風に乗って泳ぐ「鯉のぼり」はやっぱりいいです。

東京では出来なかったであろうことが、また一つ出来ました。
【2007/04/15 18:11】 | いなか日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
家庭では「お客さん」
日経ビジネス

日経ビジネス4月16日号の付録に『日経ビジネス STYLE MAGAZINE』という付録(?)がついていたのですが、その中に田崎真也さんのコラムがありました。

その中に以下のような下りがあります。

(欧米と比較して)それに引き換え、日本の男性は子供の頃から家庭では「お客さん」状態。美味しい好みの手料理、快適な自分の部屋、身の回りの世話も完璧で、家庭はまるで「旅館」です。旅館のお客さんとして育った日本男性が、いきなり人をもてなせるわけがありません。そのための訓練、技術の習得をしていないのですから。

とっても“的確”な表現で、思わず「そうそう」と頷いてしまったのですが、特に九州ではその傾向が強いように感じます。

先日、親戚の家族がきたときに、食事の後、私がコーヒーやアイスクリームのデザートを準備して、お出ししたのですが、妙に感心していました。男性が「動く」ことは珍しいようです。
【2007/04/14 16:58】 | 文化・政治・日本人 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ハードディスク分割
ハードディスク分割

先日、新しく購入したノートパソコンのCドライブを2つに分けるために、『GParted Live CD』を使ってみました。

このソフトはフリーソフトで、ダウンロードしたISOファイルをCDなどに焼いて、そのCDから起動します。

ソフトは設定で日本語も選べるのですが、バグがあるのか相性なのか私の場合、正確に表示されませんでした。

操作は直感的にできるので、英語でも大丈夫だと思います。
【2007/04/13 16:38】 | インターネット・PC | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ミッション・インポシブル 3
Mi:3

以前に「観てみたい」と書いていた映画『M:i:Ⅲ』をレンタルDVDで観ました。

感想としては、カナダ人の友人が言っていた通り「そこそこ楽しめる娯楽映画」という感じでした。

トム・クルーズ演じるEthan Huntの新妻が見事に拳銃を撃つシーンなどストーリーの端々にちょっと「ムリ」もありましたが(拳銃はあんなに簡単には当たりません!)、何も考えずに観るには楽しい映画だと思います。

それから、以下のような英語の言い回しがありました。

Wheels up at sunrise if you have a change of heart.

「行動開始は日の出だ」という訳になっていましたが、「行動開始は日の出なので、気が変わったら参加して欲しい」という感じでしょうか?

change of mind はよく聞きますが、change of heartというのもあるのですね。
【2007/04/12 23:48】 | 映画のホームページ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
無線ヘリコプター
無線ヘリコプター

裏の道を散歩していると、農薬散布中のヘリを発見!

「これが、軍事転用可能として、中国への不正輸出で話題になった無線ヘリね。」と大きさを確認して納得。

ヤマハ発動機のホームページによると以下のようなスペック。

全長 3,630mm(ロータを含む)
全幅 720mm
全高 1.080mm
メインロータ直径 3,115mm
テールロータ直径 545mm
飛行時間 60分
実用距離 150m(視線範囲)
エンジン 水冷・2サイクル・2気筒水平対向
排気量 246cc

250ccのバイクと同じようなエンジンを積んでいると知って、ちょっとビックリでした。

写真の無線ヘリには「ヤンマー」のロゴが見えますが、ヤマハ発動機きから供給されているそうです。
【2007/04/11 13:53】 | いなか日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ピラミッド
ピラミッド

ちょっと同じようなネタが続いていますが(^^;)、ピラミッドのライブ映像です。
【2007/04/11 09:24】 | 英語のホームページ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
春爛漫
菜の花

桜

裏庭からの景色とご近所の桜です。
【2007/04/10 22:14】 | いなか日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
エリート教育
島津製作所会長・矢嶋英敏さんが、日経新聞のコラム「インタビュー領空侵犯」で“総合力のある人材育成”について述べられています。

「日本には経営者の育成を目指すレベルの高いビジネススクールが組織化されていない。国を挙げて英才教育のシステムをつくるべきだと思います。人間としての基盤を持った人材が必要です。『金で何でも買える』と言い放つ経営者は論外。他人への敬意を忘れず、手を携えて夢や目標を必ず実現させる気概がある人材群をそろえるべきです。」

この前には、

「ユーザーとの互いの立場を理解し合い、親交を深めるのに役に立ったのは各国の歴史や地理など最近問題になった履修漏れの学科でした。習慣、思想、宗教など学ばないと相互理解はできません。」

ともおっしゃっています。

最近の日本の政治・政治家、金融、外交、国家戦略などをみていると、あきらかにアメリカの戦略に負け、他の国に対しても負け続けているとしか思えません。

50年、100年先を見通した上での世界における日本のポジションを考えることのできる「真のエリート」を創る教育が必要ではないかと思います。

身近なところでは、アメリカのハリウッド映画やフルブライトをはじめとした世界中からの留学生受け入れなど、「親米家」育成や「頭脳の強奪」は綿密に行われています。
【2007/04/09 22:57】 | 教育 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
5万円損した??
価格.com

先日、知り合いの人がパソコンを“近所の電気屋さんで買ったんです”と言ったのを聞いて「一言、いってくれれば~」と見せたのがこのサイトです。

価格.com」の最安値価格よりも5万円ぐらい高く買ってしまったようで、ちょっとショックを受けていました・・・。(T_T)

今はいろいろな商品やサービスの価格が掲載されているので、参考にするだけでもオススメです。
【2007/04/08 11:08】 | インターネット・PC | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
入園式
幼稚園

今日は娘の入園式でした。

幼稚園はお寺さんがやっているので、入園式はお寺の本堂で行われました。
【2007/04/07 22:30】 | いなか日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ニューヨーク
ニューヨーク

ニューヨーク・シティーにある「タイムズ・スクウェアー」のライブ画像を見ることができます。
こちらをクリック。
【2007/04/06 01:56】 | 英語のホームページ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ライブ・カメラ
世界の窓

世界中の「ライブ・カメラ」を紹介しているホームページです。

当たり前なのですが、画像が夜だったり昼だったりして、「時差」を実感(?)できます。


【2007/04/06 01:53】 | 英語のホームページ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
“抜け殻”正社員
日経ビジネス

日経ビジネス4月2日号のタイトルは
「“抜け殻”正社員 派遣・請負依存経営のツケ」
です。

私も会社員時代に思いましたが、現場で仕事をしている人は単純に「派遣社員にできるの?」「ノウハウの蓄積ができないんじゃないの?」と思っているのではないでしょうか?

「2007年問題 団塊世代の大量退職」「派遣・請負依存経営のツケ」など経営を30年・50年・100年単位で考えれば、すべて「明らか」な話です。

【2007/04/05 13:28】 | ビジネス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
TGV 新世界記録
TGV

ロイターの記事ですが、フランスのTGVが日本のリニアモーターカーが持っていた世界最速記録を破って時速574.8㎞更新したそうです。

日本の新幹線の最高速度は時速443㎞ですから、TGVはとんでもなく速いですね。

French train breaks world record

Apr. 3 - The TGV train in France has succeeded in breaking the record for the world's fastest train, reaching a speed of 574.8 km/h.

The record attempt took place on a newly built high-speed track between Paris and Strasbourg in eastern France which is due to open in June.

The previous French speed record, set in 1990, was 515.3 kilometres per hour.

Close rivals for the high-speed train record come in the form of the ICE train by Siemens, which reached 357 kilometres per hour in September 2006 and the Shinkansen Bullet Train of Japan, which reached 443 kilometre per hour.

In Japan, magnetic levitation (maglev) trains have been able to reach a speed of 580 kilometres per hour, however the running costs of such trains are higher than that of trains such as the TGV .

France, Germany, Japan, China, Korea and Taiwan are large markets for highspeed trains, but Argentina, Brazil, Turkey and Saudi Arabia are also entering the fray.

The shorter travel times make the trains competitive with air links, while environmental considerations work in favour of the train.
【2007/04/04 00:19】 | 英語のホームページ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
起工式
起工式

普通、家を建てる際には神式で「地鎮祭」を執り行いますが、我が家では仏式で「起工式」を行いました。

ただ、住職は「神式ではジシンサイですが、仏式では起工式と言います」と言っていたので「地神祭」のことなのか「地鎮祭」を「地神祭」と勘違いしたのか、次回、お会いしたときに聞いてみたいと思います。

実際の「式」ではちょっと住職からお話をしていただき、お経を上げていただき、その間に焼香をしました。

その後、ハウスメーカーさんの意向(?)もあり、普通の「地鎮祭」でもやるような「鎌・スコップ・カケヤ(掛矢)・杭」を使った「ちょっとした儀式」も行いました。

住職の「仏壇の無い家は小屋と一緒。豚小屋、馬小屋です。」というお話が印象的でした。
【2007/04/03 23:51】 | いなか日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。