スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ジャーナリズム・マスコミ・マスゴミ
今年も今日で終わり。

今年は長男誕生、退職、引越といろいろな“出来事”があった一年でした。

数年後、十数年後に振り返ってみたとき、「あの年がターニングポイントだった。」
などと思うのでしょうか?

さて、話は突然変わりますが、今日で読売新聞主筆、渡邉恒雄(ナベツネ)による、日経新聞「私の履歴書」の連載が終わりました。

「すでに亡くなっている人には迷惑がかからない」ということなのでしょうか、今なら「ワイドショー」や「政治(風?)番組」のよいネタになりそうな話がポロポロ書かれていました。

そして、今回の連載で「なぜ、ナベツネはあれだけの力を持っていたのか?」も多少わかりました。

しかし、それ以上に今回の連載に関して、疑問に思ったことがあります。それは、一般読者が以下のような文章をどのように感じているかです。以下、2006年12月20日「私の履歴書」から引用です。

------------引用開始-------------
その年の十一月九日、病を得た池田さんの退陣で佐藤政権が発足すると、読売新聞は反佐藤の姿勢を鮮明に打ち出した。
------------引用終了-------------

確かに新聞社も「言論機関」の一つであるので、どのような議論を展開するかは自由であるのかもしれません。

しかし、発表されている通りに発行部数が1000万部を超え、日本の世帯数が約4700万世帯とすれば、そのシェアは20%を超えることになり、簡単に「世論操作」ができるようになります。

まして、テレビ局を傘下に持っていれば、「世論操作」はもっと簡単にできることでしょう。

自分の親を見ていても思いますが、地方(田舎)に住んでいる人間にとって「新聞」「テレビ」は「権威」そのものであり、「疑う余地」など微塵も持っていません。

「サブリミナル効果」ではありませんが、現状のニュース報道では、より「センセーショナル」より「劇場的」に見せるために、インパクトのある映像や写真が何度も流され、無意識のうちに「固定したイメージ」がすり込まれてしまっています。

冒頭の質問に戻りますが、「新聞・テレビ・ニュース」を「疑う目」「見極める目」を私たち日本人は持っているのでしょうか?

最近の「本間政府税制調査会の辞任」「佐田行革担当相の辞任」の報道を見ていても、「何らかの意志」が働いているとしか思えません。
スポンサーサイト
【2006/12/31 15:30】 | 文化・政治・日本人 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
サダム・フセイン
HUSSEIN IS EXECUTED

Dictator Who Ruled Iraq With Violence
Is Hanged for Crimes Against Humanity


が『ニューヨーク・タイムズ』インターネット版のタイトルでした。
(ちなみに、これは記事のタイトルですので、過去の出来事でも現在形で書かれます。)

私にとって、中東情勢はあまりにも複雑で、脳細胞が減ってしまったこともあってか(^_^;)、正直どこから手をつけてよいのかわからない状況です。

根本的な問題点として、中東に関する情報が「限られている」または「偏っている」という点です。現地にいないわけですから、手に入れる情報とすれば、日本語または英語で書かれた、限られた情報源からもたらされた情報のみです。

世の中には田中宇さんのように、現地にいなくても様々な情報を分析して、記事を書いていらっしゃる方もいますが、これはプロの仕事だと思います。
【2006/12/30 23:29】 | 国際社会/国際情勢 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
『ハードロック・カフェ』
私が学生だった20年ぐらい前、アメリカやハワイ旅行のおみやげの定番の一つとして
ハードロック・カフェ』の地名入り「Tシャツ」というのがありました。

その地名入りの「Tシャツ」を見て、「あいつは夏休みにロスへ行ってきたんだな。」
などと思っていたものでした。

また、10年ぐらい前までは「本物のハンバーガーが食べたい!」と思うと、
東京・六本木店」に時々行っていました。

新しくなった上野駅構内にもお店があるようでちょっと驚きですが、機会があれば、
福岡のお店に行ってみたいと思います。
【2006/12/29 02:13】 | 英語のホームページ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ユニバーサル・スタジオ
大阪の『ユニバーサル・スタジオ・ジャパン』にはまだ行ったことがありませんので
一度行ってみたいと思っています。

アメリカには2つの『ユニバーサル・スタジオ』がカリフォルニア州・ロサンゼルス
フロリダ州・オーランドにあります。

オーランドは1回、ロサンゼルスのは3~4回行ったことがありますが、
「エンターテイメント」としては楽しいですね。

最近は新しいアトラクションも増えているのですが、以前人気だった(?)
アトラクションの一つに「大地震」というのがあります。

しかし、このアトラクションは「阪神・淡路大震災」を連想させるとの理由で、
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン』では設置が見送られたそうです。

【2006/12/28 23:32】 | 英語のホームページ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
『硫黄島からの手紙』
久しぶりに映画館で観てみたいと思っている映画です。

硫黄島からの手紙-LETTERS FROM IWO JIMA

いろいろなところで読んでみるとなかなか良くできた映画のようで以下のような特徴があるようです。
*アメリカ人であるクリント・イーストウッドが監督
*にもかかわらず、出演はすべて日本人
*なおかつ、映画は全編にわたりすべて日本語での会話(アメリカでは英語の字幕)
*『父親達の星条旗-FLAGS OF OUR FATERS』との2部作

俗に言う「戦争映画」は今までにもいろいろあり、現実の「戦争」は報道で目立つイラクをはじめ、世界各地で今この瞬間にも起き続けています。

「賢者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶ」とドイツの宰相ビスマルクは言ったそうです。

戦争のことを考えるとき、人間は人間である限り「賢者」になることはできないのではないかといつも思います。


【2006/12/27 16:33】 | 映画のホームページ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
本厄・厄年・役年
ちょっと「今年は本厄で去年は前厄。そういえば、いろいろあったなあ~。去年の今頃はいろいろときつかったな~。」などと考えながら、ネットで「厄年」を検索してみると全く意外にも以下の記事が
でてきました。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1830822

--------------引用開始-------------
僧籍の者ですが、どうも厄年の本義を勘違いされているようですね。

 厄年というと災いが起きる年と一般に考えられていますが、もともとは村落共同体社会で特定の年齢に達すると、祭礼における神事を司ったり、神社仏閣を守る「宮座」に加入したりしました。それに加わる年齢になると、通過儀礼の一つとして「忌み」、つまり神を祀るために心身を清め、特定の言動を慎むなどの精進潔斎(しょうじんけっさい)を行いました。その際に禁忌を犯してはいけない。侵した事による災いを「厄」としました。現在でも特定の年齢に達すると、寺社仏閣や霊山・霊場に一定期間、参拝参籠を行う、神体を家に迎え、一定期間その神を祀るなどの信仰は各地に残っています。そしてそれを達成することにより、初めて村落社会で重要な責任を持つ一員に加えられる。つまり「役(やく)」が与えられる「晴れの年」なのです。
 しかし近世の都市部では前述の意味合いが薄れ、「忌み」の面のみが重視され、さらにはその年齢も「42歳は『死に』」「33歳は『散々』」などの語呂合わせがで固定化され、さらには精進潔斎ではなく「厄払いのお参り」と称しての物見遊山的な寺社参詣へと変化していきました。

 以上を踏まえ、厄年(役年)の本義に立ち返れば災いが起こる悪しき年ではなく、今までの生活を改めて、神を尊び仏を敬う。さらには今まで育ててくれた先祖・親族兄弟や友人に感謝するとともに、国家や社会・他者に奉仕する。そのような責任ある一員になるための出発点、それが厄(役)年です。逆にいえば、いくら厄払いをしても、自らを顧みることなく災いを他者へとなすり付けるだけでは、何の意味もありません。

「厄除けをしてくれ」と願う人に私はまずこう言います。
「厄除けをお願いするのはいいけれど、幸せなときにあなたは神仏や他者のお陰と感謝したことがありますか?」
 多くの人は首を横に振りますね。災いが訪れたら“神仏や先祖の祟りだ”“だれそれの仕業だ”とばかりに押しつけるが、幸せなときは自らの努力のたまものと言わんばかりに感謝しない。そんな傲慢な心こそが真の「厄」です。そんな厄を払って、「役」を迎えることが重要です。それをせずに「本厄」だ「後厄」だと気にしても、いずれにせよ新たなる「不幸の原因(責任)」を何かに押しつけて「どうしよう、どうしよう」となるだけですよ。
--------------引用終了-------------

まさに「目から鱗が落ちる」とはこのことで、晴天の霹靂、とても前向きな意味で
「納得」できて、ちょっとうれしかったです。
【2006/12/26 11:24】 | いなか日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
アメリカの朝食・夕食
日本の食卓でもそうですが、ファミリーレストランなどで提供されているような
朝食メニューを自宅で食べていることは少ないと思います。

これはアメリカやカナダでも同じで、朝食は「シリアルだけ」で簡単に済ませて
しまうことも多いです。

そんなこともふまえて下のページを見ていただければと思います。

朝食メニュー
日本でもホテルの「朝食ビュッフェ」でありそうな内容のメニューですが、
結構なボリュームとカロリー(^_^;)です。

夕食メニュー
メインディッシュのプレートは3種類で
・リブステーキ
・リブステーキと焼いたエビ
・リブステーキとエビフライ

このメインディッシュに
・サラダ
・パン
・デザート
が付いて1人前の簡単なコース・ディナー(日本のファミレスにある「セットメニュー」)となります。(さらにスープが付く場合もあります。)

写真に写っているブロッコリーやレモンの大きさに注目していただくとわかるのですが、
かなりのボリュームです。

普通の日本人は最初食べきれないのですが、滞在が長くなり慣れてくると
食べられるようになってしまいます。(^_^;)

そして、アメリカ人のような体型になってしまいます・・・。(T_T)

【2006/12/26 00:50】 | 英語のホームページ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
クリスマスのフレンチ
今日はお昼に歩いて30秒の割烹料理屋さんでクリスマス・ディナーならぬ
「クリスマス・フレンチ・ランチ」をいただきました。

このお店、元々は割烹料理屋さんなのですが、息子さんがあちこちで修行をされて、
フランス料理の腕を振るっていらっしゃいます。
お部屋



佐賀牛のコンソメ・スープ(ピンボケ)
コンソメスープ


ビザ・トースト(?)
ピザトースト


海の幸と野菜がいっぱいのサラダ(エビ・スモークサーモン・リンゴ・かぶ・トマトなど)
サラダ


焼きたてのパン(写真取り忘れ)

スズキの香草焼き・ウニのソースとキャビア添え
スズキ


お口直しのシャーベット(写真撮り忘れ)

佐賀牛のトリュフとキノコのソースがけ(写真撮り忘れ。写真は前回のお肉料理)
お肉料理


ハーブ・ティー(レモングラス)
レモングラス


ココナッツのシャーベットと熱々のチョコレートケーキ
シャーベット


生チョコレートと焼き菓子(杏のドライフルーツ入り)
焼き菓子


毎回、すべての料理の写真を撮ろうとトライしますが、おいしさのあまり
必ず、取り忘れがでてしまします・・・。(^_^;)

お腹いっぱい食べて、身も心も満たされました・・・。(*^_^*)

友人などみんなにオススメしているお店なのですが、ポイントとしては
*おいしい!
*個室でリラックスして食べることができる(フレンチの部屋は1室のみ)
*量が多い(ちなみに今日は6000円のコース)
*服装も楽な格好で大丈夫(以前、ポロシャツにショートパンツで食べたことあり)

「ご近所さん」ということもあり、今日も子供の「離乳食」や「バウンサー」を持ち込んで、お店の人に子供をだっこしてもらいながら、おいしいフランス料理をいただきました。
【2006/12/25 23:23】 | おいしい食べ物 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「理解不能な『日本人』」
ここ数年、この時期、特に12月26日になるといつも思うことがあります。それは、

「これじゃあ、『日本人て本当に不思議』と思われてもしかたないよな~」

です。

「何のこと?」というツッコミがすぐに聞こえてきそうですが、
「25日から26日への身代わりの素早さ」「クリスマスからお正月へ電光石火の代わりぶり」
です。

最近の一般的な日本人は以下のような感じでしょうか?

生まれると「お宮参り」(神社)→七五三(神社)→結婚(教会)
→子供が生まれるとまた「お宮参り」(神社)→亡くなるとお葬式(お寺)

また、年間行事も「初詣」「お墓参り」「クリスマスパーティー」ですね。

日々の生活や一生の間に「神道」「キリスト教」「仏教」に関わる日本人を、まず普通の
キリスト教徒・イスラム教徒など一神教の人々には理解不可能だと思います。


【2006/12/25 11:46】 | 文化・政治・日本人 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
2006 印象に残ったこと
今年もあと1週間ということで、今年印象に残ったことを書き留めて観たいと思います。

*夏の甲子園
早実・斉藤投手と駒大苫小牧・田中投手の投げ合いは素晴らしかったのですが、それ以上に、フィクションであるドラマや映画を吹き飛ばすような「ストーリー」でした。

*日本ハム優勝
現実離れした「ストーリー」と言えば、「新庄・日ハム」の優勝です。こちらも、野球マンガでもあり得ないというか、マンガというフィクションでしかありえないような「ストーリー」でしたが、見事優勝しました。
新庄選手の「有言実行」は本当に「あっぱれ」でした。

*ディープインパクト活躍
“あっぱれ”といえば、昨日、有馬記念で「有終の美」を飾った「ディープインパクト」。
昨日のレースも中盤、「もしかして“飛ば”なかったら・・・」という不安が一瞬、脳裏を走りましたが、次の瞬間そんな不安をまさに「蹴散らして」くれました。

昨日の走りもそうですが、後方から最後の第4コーナー手前で動き出し、一番外側から一気に抜きにかかりました。そのまま、直線でも伸びて圧勝!まさに「次元の違う走り」でした。

【2006/12/25 09:48】 | いなか日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
アメリカでの『七人の侍』
今、アメリカ映画のランキングを見ていて、2006年12月24日現在、あの『七人の侍』が
9位にランクされているのを発見してちょっと驚きました。

まあ、4位に『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』がランクされているので(^_^;)、
幅広い意味でのランキングではあると思いますが、それでも日本映画が
9位にランクされているというのは、ちょっと誇りに思います。
【2006/12/24 10:09】 | 映画のホームページ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
『ミッション・インポシブル』
もう一本、観たいと思っている映画は『M:i:Ⅲ』です。

『MISSION:IMPOSIBLE』はアメリカで買ったビデオを持っていて、もう、
20回以上観ているような気がします。(^_^;)
ストーリーの展開が抜群におもしろく、「娯楽映画」としてはとっても好きです。

しかし、『MISSION:IMPOSIBLE-2』は監督(ブライアン・デ・パルマ)が替わったせいか、
はたまた、期待が大きすぎたせいか、単なる「ドタバタハリウッド・アクション映画」に
なってしまい、ストーリーも覚えていません。

M:i:Ⅲ』は、前出のカナダ人の友達に言わせると、「そこそこ楽しめる娯楽映画」との
ことでしたので、ちょっと期待しています。

ブライアン・デ・パルマと言えば、『The Untouchables』も好きです。
【2006/12/23 23:16】 | 映画のホームページ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
『ダ・ヴィンチ コード』
年末年始に観てみたいと思っているのが、映画『THE DAVINCI CODE』です。

友達のカナダ人(歴史専攻で大学院卒)に言わせると「歴史的には間違いだらけで最低」
だそうですが、フィクションとしてみる分には「そこそこ楽しめる」映画のようです。

日本を始め世界中でこれだけヒットした原作と映画ですので、
「おもしろいのでは?」と期待しています。
【2006/12/22 22:06】 | 映画のホームページ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
基本5文型 その1
英語の基本中の基本である文型の確認です。

一般動詞を使った文章はこの5文型のいずれかのパターンに当てはめて考えると
わかりやすいです。

S-Subject-主語
V-Verb-動詞
O-Object-目的語・目的語部分
C-Complement-補語・補語部分

①S+V
Mika eats. 美香は食べます。
Mika(S) / eats(V)

He runs. 彼は走ります。  
He(S) / runs(V)

②S+V+C
John became a doctor. ジョンは医者になりました。 
John(S) / became(V) / a doctor(C) 名詞を使った補語部分

Paul became famous. ポールは有名になりました。
Paul(S) / became(V) / famous(C) 形容詞を使った補語部分

Emi looks busy. 恵美は忙しそうに見えます。
Emi(S) / looks(V) / busy(C) 形容詞を使った補語部分
【2006/12/21 22:04】 | 英語ネタ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
基本5文型 その2
昨日に引き続いて基本5文型です。

③S+V+O
Mika eats apples. 美香はリンゴを食べます。
Mika(S) / eats(V) / apples(V) 名詞を使った目的語部分

Paul gave a cat. ポールは猫をあげました。
Paul(S) / gave(V) / a cat(O) 名詞を使った目的語部分

Paul gave him. ポールは彼にあげました。
Paul(S) / gave(V) / him(O) 代名詞を使った目的語部分

Paul likes cooking. ポールは料理をするのが好きです。
Paul(S) / likes(V) / cooking(O) 動名詞を使った目的語部分 

④S+V+O+O
Paul gave him a cat. ポールは彼に猫をあげました。
Paul(S) / gave(V) / him(O) / a cat(O)  代名詞と名詞を使った目的語部分

Paul brings me some apples. ポールはいくつかリンゴを持ってきてくれます。
Paul(S) / brings(V) / me(O) / some apples(O) 代名詞と名詞を使った目的語部分

【2006/12/20 22:44】 | 英語ネタ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
基本5文型 その3
引き続き基本5文型です。

⑤S+V+O+C
Paul made her happy. ポールは彼女を幸せにしました。
Paul(S) / made(V) / her(O) / happy(C) 代名詞を使った目的語部分と形容詞を使った補語部分

Paul calls his cat Tama. ポールは彼の猫をタマと呼びます。
Paul(S) / calls(V) / his cat(O) / Tama(C) 名詞を使った目的語部分と名詞を使った補語部分

英語の文章は基本的にこれらの「5文型」のパターンに当てはまります。

例えば以下の文章も
I lived in Tokyo for 10 years after we married. Recently, we moved into Takeo city. It made my parents happy because they can see my kids everyday.

下記のように切って読むとわかりやすくなります。
I / lived / in Tokyo / for 10 years / after / we / married. / Recently, / we / moved / into / Takeo city. / It / made / my parents / happy / because / they / can see / my kids / everyday.
【2006/12/19 22:52】 | 英語ネタ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
アメリカの特売チラシ
先日、「日本でもアイスクリームの値段がアメリカ並になった」と書きましたが、今日は実際にその値段を見てみたいと思います。

下記はアメリカにあるスーパー「SAFEWAY」の「特売チラシ」です。
(英語ではsuermarketよりもgrocery store, superstoreと呼ぶことが多いです)
クリックすると大きな画像になります。
von
この中で「Dreyer's」のアイスクリーム(1.65リットル)が「2つで6ドル 2 for 6$」で
売られています。
dreyer’s

3.3リットルで700円前後ですから、だいたい日本と同じぐらいの値段ですね。
【2006/12/18 22:53】 | 英語のホームページ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
クリスマスの映画
クリスマスの「定番映画」ってありますか??

私の「クリスマス定番映画」はアメリカで1985年に公開された
One Magic Christmas』(邦題:クリスマスに届いた愛)という映画です。
onemagicchristmas

アメリカのホストファミリーや友人からプレゼントされたのですが、
複数の人からプレゼントされたことが示すように、アメリカでのクリスマス映画の
定番の1つになっています。

先日の『ホーム・アローン』シリーズのような派手な映画では全くありませんが、
ちょっと心が温まる映画です。(^_^)

英語も比較的簡単ですので、とってもオススメです。
【2006/12/17 23:44】 | 映画のホームページ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
アイスクリーム
留学する前からも良く食べていましたが、留学中に完全に習慣になってしまったのが
アイスクリームを食べること。

日本でも最近はアイスクリームの値段がアメリカ並みになって、スーパーなどでは、
2リットルで500~600円ぐらいとうれしい限りです。

留学中はホストマザーが「僕専用」ということで買ってくれた「ハーフ・ガロン」の
アイスクリームを箱ごと抱えて毎日のように食べていました。

ちなみに「ガロン」はアメリカで使われる液量の単位で、3.785411784リットル。
牛乳なども1ガロンのプラスティックボトルで売っています。

そんなアイスクリームのサイトです。

http://www.icecream.com/

http://www.benjerry.com/

http://www.dreyers.com/  http://www.edys.com/
ちなみに、Dreyer's Grand Ice Cream Holdings, Inc. products are marketed under the Dreyer's name in the western United States and Texas, and under the Edy's name in the rest of the U.S.; Dreyer's/Edy's is the best-selling brand of packaged ice cream in the U.S. だそうで、今日初めて知りました。
【2006/12/16 23:08】 | おいしい食べ物 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
バーガーキング再上陸!
今日の日経新聞に「バーガーキング再上陸」との記事がありました。

記事によると1990年代に西武鉄道グループや日本たばこ産業と組んで日本市場に
参入したが、業績悪化により2001年に撤退したそうで、来夏から店舗展開を
するそうです。

個人的な感想ですが(^^;)、アメリカの数ある大手ハンバーガーチェーンの中では
一番「まとも」なハンバーガーを提供していると思います。
アメリカにいるときも良く食べました。

理由としては・・・
*鉄板ではなく直火でパティ(お肉)を焼く
*WHOPPERという野菜の多い、大きいハンバーガーがある
(マックのハンバーガーより一回り以上大きい感じ)

以前、勤めていた会社の近くにもあり、日本でも時々食べに行っていました。

以下は各国のバーガーキングのサイトです。

イギリス  ニュージーランド  カナダ  スイス  韓国  イタリア  スウェーデン

間違いなく、佐賀には来ないと思いますが(^^;)、久しぶりに食べたいな~。
【2006/12/15 23:28】 | ビジネス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
『ホーム・アローン』
先ほどテレビで『ホーム・アローン2』を放映していました。

日本ではクリスマス映画の定番(?)になった感じですが、このシリーズ
ホーム・アローン4』まであると今日初めて知りました。

ホーム・アローン』と『ホーム・アローン2』はビデオで持っていて、
ホーム・アローン3』はレンタルビデオで前に観たことがありました。

ただ、『ホーム・アローン3』は主役も代わり、監督(ハリー・ポッターのクリス・コロンバス)も替わってしまったせいかはっきり言って、ストーリーをまったく覚えていません。(^^;)
もしかしたら、「レンタルビデオで観た」というのも「気のせい」かもしれない・・・。

余談はこれぐらいにして、『ホーム・アローン』と『ホーム・アローン2』は簡単な英語が
多いですので、リスニングの勉強にとってもオススメです。
そして、映画自体も楽しく観ることができると思いますので、ぜひ、DVDで字幕を
確認しながら観てみてください。
【2006/12/14 23:03】 | 映画のホームページ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
英語の歌詞
英語の発音やリズムを身につけたり、ヒアリング力をアップさせるために
英語の歌を歌うことをオススメします。

オススメする上でやはり定番は、年齢に関係なく「ビートルズ」ですね。
理由としては・・・

*歌詞が単純なモノが多い
*イギリス英語でどちらかと言えば聞きやすい
*いろいろな場所で耳にする機会が多いので、忘れにくい
*一曲でも完璧に歌えるようになると、年齢に関係なく「おお~」と驚かれる(?)

ビートルズの歌詞は下記のホームページなどで探すことができます。

http://www.oldielyrics.com/t/the_beatles.html
http://www.stevesbeatles.com/songs/

歌詞を見ているとわかるのですが、英語の歌の多くは韻を踏んでいます。

例えば、“She Loves You”は以下のような感じです。

She loves you, yeah, yeah, yeah
She loves you, yeah, yeah, yeah
She loves you, yeah, yeah, yeah

You think you've lost your love
Well, I saw her yesterday-yi-yay
It's you she's thinking of
And she told me what to say-yi-yay

She says she loves you
and you know that can't be bad
Yes, she loves you
and you know you should be glad

She said you hurt her so
She almost lost her mind
And now she says she knows
You're not the hurting kind

でも、このサイト http://www.oldielyrics.com/ は便利ですね。
【2006/12/13 00:58】 | 英語オススメ勉強法 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
英語のHP ニュース2
今日はニュースや雑誌のホームページをピックアップしてみました。

*The Times http://www.timesonline.co.uk/

*The Economist http://www.economist.com/

*USA TODAY http://www.usatoday.com/

写真を見るだけでも興味深いですね。
【2006/12/12 00:12】 | 英語オススメ勉強法 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ビンタ!
今日は3ヶ月ぶりぐらいに3歳半の長女をひっぱたいてしまいました。(T_T)

テレビを見ていた長女が、長男(6ヶ月)が泣いていたのに腹を立てて、
長男の顔を手で掴んだりしていたようで、妻が叱っているところでした。

言葉だけなら良いのですが、「手を出した」ということで、私も叱ったたのですが、
それに反抗して、私を叩いてきました。

その後、私の後ろに回って、私の太ももをガブリ!(>_<)

「カッ」となった部分が大部分だったような気はしますが、「噛むのはよくない」
「体で覚えるしかない」ということで、冒頭のように頬をひっぱたきました。

長女はびっくりしたこともあり、嗚咽しながら大泣き。でも、すぐに私に寄り
ついてきて、また、大泣き!

大泣きしながら寄りついてきたのは、自分が悪いことをしたから怒られたという
ことがわかっているからだとは思うのですが、やはり、かわいそうなことをしたと
ちょっと後悔もしました。

しかし、以前、教育実習で行った幼稚園の園長先生が言っていたように、
幼児には「叩く」ことも必要だと思います。

当たり前ですが、3歳・4歳の子供には感情をコントロールできない時も
ありますので、その際には「体で覚える」ことも必要だと思います。
【2006/12/11 23:47】 | 教育 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
英語のHP 美術館・博物館
今日は美術館や博物館のホームページをピックアップしてみました。

一部のホームページでは日本語版もあります。

*大英博物館 http://www.thebritishmuseum.ac.uk/

*ニューヨーク近代美術館 http://www.moma.org/

*シカゴ美術館 http://www.artic.edu/

*スミソニアン博物館・美術館 http://www.nasm.si.edu/
【2006/12/10 23:23】 | 英語のホームページ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
英語のHP ショッピング
今日はイギリスのホームページをピックアップしてみました。

*ハロッズ http://www.harrods.com/
イギリスのデパートと言えば、王室御用達のハロッズ

*マークス&スペンサー http://www.marksandspencer.com/

*ローラ・アシュレー http://www.lauraashley.com/
結構好きなブランドです。(*^_^*)
【2006/12/09 23:16】 | 英語のホームページ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
呼子のイカ
今日は「呼子(よぶこ)」に行って、念願の(?)イカをいただいてきました。

佐賀県人に言わせると「イカと言えば呼子」「呼子と言えばイカ」とのことで、
私も妻と結婚する前から「呼子のイカを食べさせたい!」と言われ続け、
やっと、その10年来の願い(^_^;)を叶えることができました。(^_^)v

呼子のイカのげそ


大学1年生の夏に旅行した北海道のユースホステルで、とってもおいしい「イカ・ソーメン」を食べたことがありました。

その日の朝に捕れたイカとのことで歯ごたえがあって、このイカがいままでで一番おいしかったイカでした。

今日の呼子のイカは鮮度ではその北海道のイカを上回り(食べるときにも、まだ、動いていましたので・・・)甘みも強かったです。

写真のようにイカの「姿活け作り(?)」にしてくれるのですが、胴体の部分をお刺身で食べた後、げその部分を天ぷらにしてくれました。

天ぷらも「絶品」でした!
【2006/12/08 23:36】 | おいしい食べ物 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
英語のHP ショッピング
最近は日本にも進出している企業もありますが、アメリカのディスカウントストアや家電量販店やデパートのホームページです。

*コストコ http://www.costco.com/

*サーキット・シティー http://www.circuitcity.com/

*ウォールマート http://www.walmart.com/

*シアーズ http://www.sears.com/
【2006/12/07 22:44】 | 英語のホームページ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
英語のHP ファッション
今日も海外のホームページですが、アメリカのファッションブランドを3つ選んでみました。

*ダナキャランニューヨーク http://www.dkny.com/

*コーチ http://www.coach.com/

*GAP http://www.gap.com/

日本で未発表の商品などもありますので、デザインの違いなどがおもしろいですね。
【2006/12/06 16:33】 | 英語のホームページ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
英語のHP ニュース
今日も海外のホームページです。

食べ物に関するホームページが2日間も続きましたので(^_^;)、今日は一転、
ニュース関連です。

*ロイター http://today.reuters.com/

*BBC http://www.bbc.co.uk/

*CNN http://www.cnn.com/

*Google News http://news.google.com/

ロイターはビデオでのニュース配信も充実しているので、最近はもっぱらロイターを
視聴しています。

もう一つ、ロイターはイギリス英語のアナウンサーやレポーターが多いので、
イギリス英語(アメリカ英語以外)のヒアリング力アップにも向いています。

そして、なんと言っても、Google News はオススメです。

画面上で希望する言語のニュースを選ぶことができますし、とにかく、1ページで
世界中のトップニュースを見られるのは最高です!
【2006/12/05 22:50】 | 英語のホームページ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。