スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
トランスフォーマー
transformers

今週末から上映される『Transformers』ですが、予告編を見る限り、CGがそれほどCGに見えなかったので、ちょっと見てみたくなりました。
スポンサーサイト
【2007/08/02 14:14】 | 映画のホームページ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
硫黄島からの手紙
硫黄島からの手紙

以前から、「観よう」「観なければいけない」と思っていた『硫黄島からの手紙』を観ました。

CMなどで、本当に悲しげなピアノが印象的だったのですが、映画は硫黄島での日本兵を“淡々”と描いていました。

「黒澤映画」ほどのリアリティの追求がないので、「62年前の硫黄島はこの映画の100倍ぐらい悲惨な状況だったんだろうな~」などと思わずにはいられませんでしたが、戦争の一面を理解する上では必見の映画だと思います。

CNNのレビューでは

It is also the only American movie of the year I won't hesitate to call a masterpiece.

アメリカ映画の中で、今年唯一“傑作”と呼べる映画です。

と書かれています。
【2007/05/19 23:21】 | 映画のホームページ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ミュンヘン
ミュンヘン

以前にカナダ人の友人が「とってもよくできた映画」と言っていった『ミュンヘン』を観ました。

1972年のミュンヘンオリンピックで、イスラエルのオリンピック選手、11名が暗殺された事件を題材にした映画です。

11名の選手を暗殺されたイスラエルが国家として「報復」を決定し、それを実行に移す過程を映画の中で見せることで、殺す側、殺される側それぞれの立場と考えを提示して、観る者に考える機会を与えてくれています。

監督のスピルバーグはユダヤ教徒で、以前に『シンドラーのリスト』などユダヤ人やイスラエルに関する映画を作成しています。

映画を観てかなり意外だったのが、イスラエルの諜報機関「モサド」の暗殺者が
『ゴルゴ13』や『M:i:Ⅲ』のような“スーパーマン”として描かれていなかったことです。

あんなに普通の“暗殺者”だと、すぐに捕まってしまいそうな気がするのですが・・・。
【2007/05/09 22:58】 | 映画のホームページ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
トランスポーター 2
トランスポーター2

TSUTAYAでDVDを物色していると目に付いたのと、前に偶然、テレビで
THE TRANSPORTER』を観て、そこそこ楽しめたのでレンタルしてみました。

TRANSPOTER 2』はストーリー的に「ツッコミ」を入れたくなるところがいくつもありましたが、典型的な“ローラーコースター・アクション”映画でゴールデン・ウィーク中に楽しんで観るにはよいかもしれません。
【2007/05/03 23:38】 | 映画のホームページ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ホテル・ルワンダ
ホテル ルワンダ

久しぶりに“重たい”映画を観ました。『シンドラーのリスト』以来のような気もしますが、『戦場のピアニスト』もなかなか“重い”映画でした。

ホテル・ルワンダ』も、ぜひ、沢山の人に観ていただきたい映画だと思います。

【2007/05/01 11:59】 | 映画のホームページ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
『ダ・ヴィンチ コード』
ダ・ヴィンチ コード

この間の年末年始に観たいと言っていたダ・ヴィンチ コード』をレンタルDVDで観ました。

感想としては、「キリスト教のバックグラウンドがない普通の日本人には半分も楽しめていないんだろうな~」という感じでした。

まず、キリスト教を根底から覆す「キリストは人間だった」というタブーに、その事の大きさが分からないのではないかと・・・。

前にも書きましたが、友達のカナダ人に言わせると、「歴史的には間違いだらけ。フィクションとして観るのならOK。」とのことで、確かに史実とはだいぶ違います。
【2007/04/25 23:00】 | 映画のホームページ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ミッション・インポシブル 3
Mi:3

以前に「観てみたい」と書いていた映画『M:i:Ⅲ』をレンタルDVDで観ました。

感想としては、カナダ人の友人が言っていた通り「そこそこ楽しめる娯楽映画」という感じでした。

トム・クルーズ演じるEthan Huntの新妻が見事に拳銃を撃つシーンなどストーリーの端々にちょっと「ムリ」もありましたが(拳銃はあんなに簡単には当たりません!)、何も考えずに観るには楽しい映画だと思います。

それから、以下のような英語の言い回しがありました。

Wheels up at sunrise if you have a change of heart.

「行動開始は日の出だ」という訳になっていましたが、「行動開始は日の出なので、気が変わったら参加して欲しい」という感じでしょうか?

change of mind はよく聞きますが、change of heartというのもあるのですね。
【2007/04/12 23:48】 | 映画のホームページ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。